学生 即日融資

学生でも即日融資を受けたい!

 

学生が即日融資を受けるには三つの大きな壁があります。まずは、

 

 

年齢が20歳以上である事


この壁は越える超えないの問題ではないですが法律上どうしても20歳以下にはお金を貸してはいけない事になっているので仕方ありません。親の同意書があれば申込可能なのですが、親に内緒で借りたい学生がほとんどでしょうから意味はないでしょう。二つ目の壁は、

 

 

アルバイトなどで安定収入がある


ということです。親にお金を出してもらったり、仕送りで生活している学生にはカードローンの申込はできません。学生なら定期的にシフトに入ってアルバイトしているのが常ですからこちらはさほど問題ないでしょう。三つ目の壁は、

 

 

アルバイトの少ない収入でも審査してくれるカードローンに申込む


二つの壁をクリアしていても審査に通らなければお金を借りることはできません。ですので審査を低収入でもしっかりしてくれるカードローンに申込まなければいけません。

 

低金利な銀行カードローンの審査は厳しく、即日融資の可能性も薄いので学生の即日融資に適しているとは言えません。以下のカードローンならメガバンクや銀行のカードローンの保証会社もしているので審査能力も高く、自動契約機もたくさんあるので学生の即日融資には最適です。

学生の即日融資には最適なカードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

郵送物なし親にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

SMBCモビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

学生の為のカードローン即日融資講座

学生でも一般でも正直カードローンの即日融資の条件は同じです。ただ学生の場合申込にはは、20歳以上でアルバイトで安定収入があるという条件が付いています。

 

社会人では20歳以上で安定収入があるという状況が普通である為、特に取り立たされていませんが、学生の場合は本業が学問ということもありこういった条件がピックアップされています。

 

即日融資を受けるには、

 

 

  • 振込により即日融資を受ける
  • その日にカード発行をしてもらい即日融資を受ける

この二つの手段のいずれかでしか融資を受けることができません。この二つの手段での融資過程を学生の即日融資で有利な大手消費者金融で検証して見ましょう。

学生が振込により即日融資を受ける

振込融資で即日融資を受ける為には、銀行の営業時間を気にしなければなりません。金融機関の営業時間は平日15:00までで、振込手続きもそれまでにしないとその日の内に振込は反映されませんよね?

 

ですので申込から審査から契約までを即日振込可能時間までに完了させなければなりません。即日振込可能時間とは、金融機関の営業時間ではなく、各カードローンの即日振込可能時間のことですので、平日15:00以前ということになります。

 

銀行カードローンでは審査時間においても、即日振込可能時間においても大手消費者金融には敵わず、最近の国会での銀行カードローンへの批判などから学生などの与信弱者への貸し出しは厳しくなっています。

 

 

ですのでやはり学生には大手消費者金融が最適ということになります。


その大手消費者金融での審査時間・即日振込可能時間を比較してみます。

大手消費者金融での審査時間・即日振込可能時間
審査時間 即日振込可能時間
プロミス 最短30分 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大していますのでプロミスホームページで確認してください
プロミスレディース 最短30分 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大していますのでプロミスホームページで確認してください
アコム 最短30分 平日14:00までに契約完了すれば最短即日振込可能
SMBCモビット 最短即日※ 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大していますのでSMBCモビットホームページで確認してください

※ 申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

平日の即日振込ではプロミス・アコムが一歩リードというところです。

 

また振込融資で即日融資を受ける為には、金融機関の休業日を気にしなければなりません。通常金融機関は土日祝日は振込不可能です。一部ネットバンクや銀行のインターネットバンキングでは振込可能となっておりますが、カードローンの振込融資には銀行との特別な提携が必要になってきます。

 

プロミスには瞬フリというサービスがあり、三井住友銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行と前述のような特別な提携をしています。その瞬フリのサービス内容は、

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行

のどちらかの口座なら登録する事で、24時間365日最短10秒で振込融資が可能になるサービスです。


ですのでプロミスであれば平日でも土日祝日でもこのどちらかの口座へなら、

 

 

24時間365日振込可能となり、学生の即日振込でも最強となるわけです。


学生がその日にカード発行をしてもらい即日融資を受ける

カードの発行に郵送では日にちが掛かるので、即日融資は振込みじゃないとという認識が一般的ですが、

 

 

自動契約機を持っている大手消費者金融では即日カード発行という即日融資の方法が可能になってきます。


即日振込に強いプロミスでも三井住友銀行及びジャパンネット銀行の口座を持っていなければ、平日の時間内じゃないと即日振込は出来ません。そういった場合でも自動契約機による即日カード発行であれば、最短即日融資が可能になってくるのです。その自動契約機については、

 

 

  • どれくらいの数が全国にあるのか?
  • その場でATMでキャッシングできるのか?

この二点を比べることによって即日融資が可能な確率が分かってきます。自動契約機をたくさん持っているほうが、申込む際に近くにある確率が高いですし、自動契約機では借り入れすることは出来ませんので、ATMが併設されている店舗が多いほどその場でキャッシングできる可能性が高いということになります。

大手消費者金融の審査時間・即日振込可能時間
自動契約機設置店舗数 ATM併設店舗数
プロミス 約1,380店舗(2019年1月現在) 約1,380店舗(2019年1月現在)
プロミスレディース 約1,380店舗(2019年1月現在) 約1,380店舗(2019年1月現在)
アコム 約1,041店舗(2018年4月現在) 約1,041店舗(2018年4月現在)
SMBCモビット 約646店舗(三井住友ACMを合わせた数字で2019年1月現在) なし

※ 2017年12月1日現在の店舗数です。詳しくはアコムのホームページで確認してください。

学生の即日融資に適したカードローンとは?

学生もお金を貸す対象となっているのは事実

現在、日本には様々な金融業者が存在します。代表的なところでいくと、銀行や消費者金融業者がそれにあたるのですが、こうした業者の多くは融資を行う対象として学生も含んでいます。

 

学生であってもまとまったお金が必要になった場合、融資対象を学生としている業者であれば融資を受けることが可能なのですが、ここで気になるのは学生が利用する場合の条件についてです。

20歳以上であれば学生でも貸さない理由はない

各カードローン業者では、学生を対象とした融資を行う場合、特別な規定を適用することがない場合がほとんどとなっています。

 

これは、カードローンを利用するにあたっての条件が、「20歳以上で安定した収入を得ている」というものであるためであり、学生であっても規定の上では融資を受けるための別条件が設定されていないということになります。

利用可能ではあるが審査に通るとは限らない

そのため、「即日融資可能」であるカードローン業者を利用するのであれば、学生であっても条件さえ満たしていれば消費者金融での即日融資を利用可能です。

 

ここでいう条件とは、先述のとおり「20歳以上で安定した収入を得ていること」であり、学生であってもアルバイトで一定の収入があれば、カードローンで学生が利用してお金を借りることが可能であるということです。

学生が特別扱いされる事はない

また、その場合には学生だからといって区別される場合はなく、適用される金利やサービスは原則として社会人の人が融資を受ける場合と同じです。学生が利用するからといって金利が低くなるということはありませんが、極端に高くなるといったこともありませんし、審査に時間がかかるということもありません。

 

もちろん即日融資を受けることも可能です。ただし、学生の場合はアルバイトで収入を得ているとはいえどうしてもその収入の金額は社会人に比べると低い傾向にあるため、融資を受けることができる金額についても同様に低く設定される場合がほとんどです。

 

また、カードローン業者によっては学生向けに融資額を制限していたりするところもあります。いずれにしても、これらは融資そのものの条件であり、即日融資ができないというわけではありません。

学生のクレジットカードの申込はどうか?

意外にも収入のない学生でも作れます。なぜかというと

 

 

  • 親の与信
  • 学生の将来性

を担保にクレジットカードを発行してくれるところがあるからです。引用:学生の為のクレジットカードの作り方※大学生でも即日発行可能なおすすめカード

即日融資の前に学生がキャッシングする際に注意したい事

学生さんがキャッシングにお申し込みする時はお申し込み条件には注意が必要です。殆どのキャッシングの申込み条件は年齢20歳以上となっていますので20歳未満の学生さんではキャッシングの利用ができません。

 

 

20歳未満の学生は申込みすらできないのかぁ・・・


お申し込み条件である以上審査で弾かれてしまいますので20歳以上になるまで待つしかないです。また学生さんが何故キャッシングの審査では評価が低いのかという理由は収入面にあります。

学生のアルバイト収入とは?

学生さんは学業がありますのでアルバイトで働くと言っても中々フルタイムでは難しい場合が多いです。30代や40代と言った社会人と比べると収入が不安定になりやすい状況下であることには間違いありません。

 

 

本文は学業だからアルバイト収入でも安定した稼ぎ方は難しいかも・・・


なので収入に不安定要素のある学生さんにお金を貸しても後で返済に困る可能性は多分に考えられます。返済を滞納されると担保なし保証人なしでお金を貸しているキャッシング会社は回収が難しくなります。

 

 

低リスクの学生には貸せるって事じゃないの・・・


回収できなければキャッシング会社の損失となってしまう為、属性としては評価が低くなってしまうのです。しかし、20歳以上の学生さんで同じアルバイト先で継続して安定した収入を得ていれば利用は可能です。

学生が即日融資を申込む前に知っておくべき事は?

安定した収入とは毎月殆ど一定のお給料が貰えている状態のことを言います。毎月7万円や8万円ずつのお給料でも安定した収入であると言えます。この収入で必ず審査に受かると言う保証はありませんが申込む価値はあります。

 

 

アルバイト収入のある学生への利用可能な融資額って?


審査に受かっても収入じたいが少ない状況ですのでそれ程大きな利用限度額は設定されないです。何故なら貸金業者のキャッシングは総量規制の対象となっており年収の3分の1以上は融資できないからです。例えば、

 

 

年収90万円ある学生だと30万円を超える融資はできない


という事です。これは他社借入額も含めて年収の3分の1までですので、他社借入があるとさらに借りられる金額は少なくなります。他社借入がゼロの学生さんでも即日融資の場合は10万円程だと思っておいたほうがベターです。

 

 

クレジットカードのショッピング枠の利用で滞りのない返済をすることで信用をつけることも可能って本当かなぁ・・・


キャッシングの返済ですが殆どの業者で残高スライドリボルビング返済方式が採用されているので借入額が小さければ毎月の返済額も少なくて済むので収入の少ない学生さんからすれば返済しやすいですが、無理な借り方は返済が困難になりかねないので注意が必要です。

学生の方がカードローンを利用する為のポイント

学生の方がカードローンを利用することは可能ですが、条件としてまず20歳以上である必要があります。
未成年の方に貸すわけにはいかないと考えられているので、カードローンを利用したくても年齢制限によって認められないことは多くあります。
そのため年齢を満たすことが第一と考えてください。
次に収入を自分で稼いでいることが必要となります。
収入を持っていないのにカードローンを利用することはできないので、利用したいならアルバイトをして給料を貰うようにしてください。
この収入が一定以上の数値を超えていて、なお且つ何らかの方法で借金をしていないと判断されれば、カードローンを利用することができます。
ある程度仕事をしている年数も必要で、アルバイトを1年くらいは続けていた方がいいです。
学生がカードローンを利用する場合は、出来る限り消費者金融を利用することにしてください。
銀行カードローンを利用したいと考える方もいますが、銀行は審査が厳しいですし、学生の収入で認められるようなことが殆どありません。
しかし消費者金融であれば、学生でも手に入る収入である程度何とかなることもあるので、カードローンを利用することができるのです。
学生が銀行のカードローンを利用したいと考えても、それはかなり難しいこととなります。
一番は収入面で不足していること、次に信用を得ることが難しい点にあります。
銀行は求めているラインが非常に高くなっていることが多いので、カードローンを利用するなら消費者金融を利用した方がいいです。
審査の基準が銀行より厳しくない状態となっているため、借りられるチャンスというのは増えています。
ラインが全く異なっていると考えればわかりやすいですが、銀行より消費者金融の方が、学生には利用しやすいかもしれません。
金利面では銀行ですが、学生は収入面で足りないことが多いため、消費者金融を利用した方が借りられる可能性は高くなります。
何より審査の基準が違い、消費者金融なら通ることが多いからです。

学生のカードローン利用体験談

学生ですがカードローンで自立!

 

私は、学生の時は自分が自立をする事をあまり考えませんでした。学生の間は、実家で過ごせていましたから何の心配もありませんでした。でも、今思ったら学生の時は母が何でもしてくれたので今となって幸せだったなと思います。学生の時は、母の手伝いをする事すらありませんでした。

 

だから、母にちょっとでも家事の手伝いでもしてあげれるような子でいたらよかったなと思ったのです。母親のありがたみがわかっていなかった私でした。友達でも、きちんと母親の手伝いをきちんとする人もいました。だから、そういう子はすごいなと思ってしまいました。

 

きちんと母のありがたみをわかりような子でなかった事に申し訳ない気持ちでいっぱいです。若い時は反抗期もありましたから、母にはしっかりとこれから恩返しをしていかなくてはいけません。

 

学生の時は、親に甘えてばかりでした。ですがしっかりアルバイトをして、お金が足りない時は学生ですがプロミスのカードローンで用立てて自立はしっかりしました。もちろん早めの完済で利息も少なく抑えていました。

 

母がいたからこそ、何もせずに生活ができていたのですからしっかりと感謝をしなくてはいけないなと思いました。


学生がカードローンを利用する為の条件

 

私の経験上カードローンを学生で利用してお金を借りるには条件があります。それは一体何かというと、借入れの申込をする際に必ず定職に就いた親などを保証人にする事です。そうしないと、学生がカードローンを利用しようと思っても審査に通らないです。でも、中には親を保証人にしたいとは思わないという方もいるかと思います。

 

そういう場合は親を保証人にしないで他の収入がある知人に保証人になってもらうという方法もあります。それでなんとか学生でもカードローンの借入れ審査に通ると思います。もちろんCMなどをしている大手のカードローンでは、年齢20歳以上というのが条件ですから保証人を立てても20歳未満の未成年では申込む事は出来ません。

 

ですが、誰にもそんな事を頼みたくないという方もいると思うのでそういう学生の方は自分がアルバイトをするなどして一定の収入があるなら学生でもカードローンに通りやすくなります。これも短期のアルバイトでなくて長期のアルバイトである必要があります。そうでないと、学生でカードローンの利用は難しいです。


学生は消費者金融で金利がどれだけ掛かるのか

 

ローンをする場合は、ちゃんと返済のシュミレーションが大事だと思います。返済をどのぐらいの期間をして、金額をしていかなくてはいけないのかを知らなくてはいけません。きちんと返済金額や仕組みが分かれば、困る事もないと思います。

 

ただ金利だけを聞いただけでは、よく分からないものです。金額をしっかりと理解をしていく事は大事になるものなのです。そして、全体的に金利がどのぐらいついているのかも、重要な部分です。

 

毎月で考えると、金利というのはそう大きく感じないかもしれません。しかし、全部トータルをすると、結構な金額になっている場合もあります。なので、ちゃんとどのぐらい負担をしなくてはいけないものかを理解したいものです。

 

でも、本当に学生でも利用しなくてはいけない場合も出てくるものです。その時は一定金額の返済に頼ることなく、割り増しで返済して返済期間を短くするなど、できるだけ金利を払わないようにしたいものです。金利を知る事が、ローンには重要になってきます。これから、ローンを利用するのであれば、見ておきたいものです。


学生がクレジットカードを利用するのも考えもの

 

専門学校の学費は高いというイメージがあります。でも最近では資格も取れて就職にも有利になる専門学校の学費は安くなっていると思います。私が通っていた専門学校の学費は、年間60万以下でした。専門学校に通いながらアルバイトしていたら余裕で払えます。しかし、学生でクレジットカードを持つのは少し考えものです。

 

それならカードローンの方がまだマシです。クレジットカードだとお金を持っていなくても買えるので、お金を持っていると錯覚し易く、返済困難に陥る事も少なくないからです。

 

それでも授業は質が高く、良い資格もきちんと取らせてくれます。情報系の専門学校でIT関係に有利になるIT学科でしたが、パソコンが必要なだけで他には何もいらないので特に他の学科よりは安くなっていたと思います。

 

もちろん専門学校にも奨学金制度などもあるので、学費が厳しいと感じる人には奨学金制度などを活用するのも良いかと思います。私の知り合いも奨学金制度を使って通っていました。年間150万以上はかかると思っていたので想像よりも安くなっていてすごく助かりました。

 

専門学校は今や就職に大変有利で通う人はどんどん増えていますが、私が通っていた学校は結構安い方でありがたかったです。良い体験をさせてくれてそして資格も取れたと思えば格段に安いです。


page top