学生 即日融資

学生が生活に困った時は学生ローンを視野に入れておく

学生時はとにかく考えている以上にお金が必要です。一人暮らしならばもちろん生活費や家賃が必要ですし、

 

 

学費以外にも教材費や課外活動にかかわる費用はたくさん必要です。


もちろん有効に時間を使って旅行したりするのも学生でしかできない貴重な体験ですので、そこを外す選択ももったいないです。ではそのいくらあっても足りないお金をどう捻出するかは大きな課題です。

 

 

 

仮に家族ももう頼れないとなると学生ローンが一つの選択肢として上がってきます。


普通ローンは定職についていなければなかなか借りられないものですが、一部学生向けに提供されているものもあります。親の収入も含めて審査されて保証人となるタイプと自分一人のアルバイトに加えて奨学金などの収入で審査されるタイプがあり、大抵の場合は後者の方が審査は厳しく、限度額も低めに設定されます。

 

 

しかし往往にして親に知られずにお金を借りたい場合があり、後者を選択する方も多いと思います。しっかり見極めれば正規の業者とそうでないところは見分けがつき、正規でないところ、

 

 

いわゆる闇金には引っかからないようにするのは最低限必要です。


学生だからという弱みに付け込んで法外な金利とならないように契約の際に違法とならないかを見るべきです。法律で年率18%までが認められていますので、計算をしてそこで見極めましょう。また借りる際に計画性も大事です。アルバイトを増やせばここまでに完済できるなど計画を決めてから最低限の額だけを借りるようにしましょう。

 

 

危ないところかどうか見分ける方法は、まず民法で決められている通り、未成年(20歳未満)に親の承諾なしで貸すところはまず危ないです。


ちなみに大手カードローンでは年齢20歳未満は申込む事はできません

page top